食卓便の色々なメニュー

しかしボディ用のソープで洗うと汚れと一緒に必要なうるおい成分バリアまで洗い流してしまいます。そうするとバリアが取れてしまったところで雑菌が繁殖して悪臭を発生させてしまいます。

 

 

食卓便の色々なメニュー

 

臭いが気になって石鹸でゴシゴシ洗ってしまう
そうすると必要なバリアまで流れ落ちてしまう
雑菌が繁殖し臭いがさらに悪化
また念入りに洗いすぎてしまう
という悪循環になっている可能性もあるのです。

 

病気の可能性

性病や膣炎などアソコの臭いの原因には性病や膣炎などの膣炎などの膣炎喉の病気が原因のことがあります。
これはおりものの色や匂いがおかしくなったりかゆみや痛みがあるなど他の症状も伴います。ただしこれは性経験があるのが前提です。

 

 

すそわきが原因のことも

あそこの臭いが強くなる原因としてすそわきがの可能性がも考えられます。
すそわきがはデリケートゾーンのワキガのことで脇の牧野ワキガと同じようにアポクリン腺が原因で起こります。
ただし日本人は陰部のアポクリン腺が活動している方がほとんどいないのですそわきがが臭っているという可能性としてはかなり低いでしょう。

 

 

あそこの臭いの消し方!正しいあそこの洗浄方法

 

 

あそこはあそこ専用の石鹸で洗うのが一番

あそこの臭い対策にはデリケートゾーン専用の石鹸で洗うことをおすすめします。
あそこ用の石鹸は天然成分が配合されていて石油系界面活性剤などが含まれていないので、必要なバリアまで落としてしまいません。

 

またお湯と違ってやしオイルなどの洗浄成分も入っているので臭いの元になる皮脂や織物などの汚れをしっかり落としてくれます。

 

つまり、あそこ専用石鹸なら、必要な潤いは残しつつ、汚れだけを落とすことができます。

 

 

ボディーソープはあそこには不向き

ボディソープは必要なものまで洗い流してしまうという副作用だけでなくphが違うというデメリットもあります。デリケートゾーンの皮膚は弱酸性ですが、普通の石鹸は弱アルカリ性このphの違いが刺激になりあそこの環境を荒らしてしまいます。

 

といってもお湯では汚れが落ちない

石鹸が強いならお湯で洗えばいいと考える方もいるかもしれません。
しかしあそこの汚れはおりものや皮脂といったタンパク質や油っぽい汚れなのでお湯だけでは落ちてくれません。ですので水だけで洗うと汚れが残りにおいの原因になります。

 

あそこ専用の洗浄剤・オイル・石鹸ランキング

 

デリケートゾーン石鹸で一番おすすめなのがこのピーチジョンデリケートウォッシュオイル。
雑誌やメディアにも取り上げられている人気の高いデリケートゾーン石鹸です。

 

オーガニックの天然成分で作られていてデリケートゾーンに使っても安心。
オイルが汚れをしっかり落としてくれるのでしっかり臭い対策できます。
天然の保湿成分配合で乾燥対策もバッチリ。
さらにオーガニックで育てたバラから抽出したバラの香り付きなので臭いを落とすだけでなく良い香りをつけることもできます。

 

ジャムウハーバルソープデリケートゾーンの専用石鹸として10年以上売れ続けているロングセラー商品です。
口コミが非常に多くて評価も高く効果を実感する人がとても多いです。
こちらの石鹸も保湿成分と汚れを落とす成分の両方が入っているので臭い対策保湿対策になります。
ただ石鹸が小さくコスパが少し悪いので2位になっています。

 

この石鹸は上の2つの石鹸とちょっと違って殺菌・抗真菌成分入っている薬用石鹸です。
雑菌やカビに働きかけるので臭いだけでなくかゆみがムズムズなどがある方におすすめ新しい無香料の石鹸なのでデリケートゾーンは良い香りがつけられないので3位です。

 

 

ここまでで紹介した石鹸はすべて外陰部の洗浄石鹸です。
デリケートゾーン石鹸であってもで中の部分を洗うことはできません。
もし織物などが臭っていて膣の中まで洗いたい場合はインクリアという膣内専用ジェルであらいましょう。

 

 

インクリアはデリケート部分のバリア機能と同じ成分乳酸でできているので膣に刺激を与えず汚れを落とすことができます。